いざという時に慌てない!家族葬に関する疑問は事前に解決しておこう

ロゴ
HOME>コンテンツ>家族葬が選ばれている理由【後悔しない葬儀を執り行う】

家族葬が選ばれている理由【後悔しない葬儀を執り行う】

線香

家族葬の流れ

家族葬は、家族や親族などのごく親しい身内だけで行う小規模な葬儀スタイルであり、最近、都市部で主流になっている新しいスタイルだと言えます。しかし家族葬は従来の葬儀スタイルよりも参列者の規模だけが小さくなっただけのものであり、葬儀の流れは基本的に従来のものと同じだと考えてよいでしょう。そのため、お亡くなりになられたら葬儀社へ依頼してご遺体を搬送し、自宅やセレモニーホールなどで通夜を行ったら、次の日に告別式を行うというのが一連の流れになります。しかし家族葬の場合は参列者が限定されるため、葬儀終了後に、葬儀へお呼びしなかった方へバガキを送るなどしてご報告を行う必要があります。さらに、ご報告を受けた方が自宅へ弔問に訪れるケースもあるため、事前にそのことを想定しておくことも必要でしょう。

葬式会場

家族葬の費用目安

葬儀を行う際、一番気になるのは費用がどれぐらいかかるのかということですが、家族葬の場合は一般的な葬儀と比べて参列者の人数が少ないため、その分費用を安く抑えることが出来るという特徴があります。実際の費用に関しては、葬儀そのものにかかる葬儀本体費用だけで見ると50〜60万円程度というのが相場になるでしょう。そしてお布施である寺院費用や、飲食接待費用を含めた全体的な費用で見ると100万円程度というのが目安です。ただし、家族葬の場合は参列者が少なく、香典による収入があまり望めないか、香典そのものを辞退するケースが多いと言えます。ですので、参列者の多い一般的な葬儀のように、香典収入による葬儀費用の軽減が出来ないということをあらかじめ知っておきましょう。