後悔しない葬儀社選び【故人にも喜んでもらえる葬儀を執り行う】

ロゴ

葬儀社選びのポイントを押さえて故人にお別れを告げよう

葬式会場

葬儀の種類とそれぞれの特徴

葬儀について考えたことがありますか。大切な人が亡くなってから考えるのでは無く、今から考えておけば、故人にとっても、残された人にとっても、より良い葬儀を行うことができます。最近では、メディアなどでも、たびたび取り上げられる「家族葬」や「密葬」など、様々な葬儀のスタイルがあります。それぞれの葬儀によって特徴も異なるので、今のうちから知識を取り入れておきましょう。

線香

葬儀会社を選ぶ際のポイント

病院で亡くなった際に紹介された葬儀会社だからと言って、安心な葬儀会社であるとは限りません。最近では、生きている間に自身で、葬儀会社を決める人も増えており、葬儀会社を選択することは、当たり前の世の中になりつつあります。そして、葬儀会社を選ぶうえで重要な事は「人を大切」に思ってくれている会社です。相談内容をしっかり聞いてくれる、親切な対応など、接客が丁寧であるかは、葬儀会社を決める際の重要なポイントです。

花

葬儀会社を選ぶ際の注意点

葬儀業界は免許制ではありません。その為、葬儀業界は、新しい会社が参入しやすい業界でもあります。もちろん、新規参入した会社が悪いわけではありませんが、経験豊富な葬儀会社を選ぶのも選択肢として、悪くはありません。そして、最大の注意点は料金です。非常に安い葬儀会社などもありますが、葬儀は一生に一度しかないものです。後悔しない選択をする為に、料金だけを考えて葬儀会社を選ぶことは絶対に辞めておきましょう。

家族葬をすぐに対応してくれる葬儀会社ならサイトで探そう!

家族葬と密葬の違い

近い親族を呼ぶのが家族葬

はっきりとした定義は「家族葬」にはありません。ただし、一般的には近い親族のみでお葬式を行うことを家族葬と言います。「費用を安く納めたい」、「義理づきあいの人を呼びたくない」などといった要望から、近年増え続けています。そして、家族葬は、今もっとも求められている葬儀の1つです。

密葬は本葬を行う事が大前提

有名人や、著名な方が亡くなった際に、TVなどで「お別れ会」と言われる、葬儀映像を見たことがある人も多いでしょう。実は、その前にしめやか行われていることが多いのが「密葬」です。家族や近親者のみで、落ち着いて、故人との時間を過ごすために行われる葬儀が「密葬」なのです。

家族葬に必要な費用目安

家族葬の相場は住んでいる地域によっても異なります。首都圏であれば、約100万円と言われています。当然もっと安く抑えようと思えば、抑えることも可能です。家族葬と言っても、プランは様々で葬儀会社によっても異なります。その為、様々な企業のHPを見ておきましょう。

家族葬に関する疑問にお答えします!

蝋燭

自宅で家族葬を行えるの?

家族葬は、自宅で行うことも可能です。ただし、集合住宅などであれば、事前に管理組合などから、葬儀の許可を得なければいけない場合があります。集合住宅で家族葬を考えている人は、まず事前に確認をしておきましょう。

葬儀などの相談は神奈川の会社へ!

家族葬を実施している横浜市の葬儀社ならコチラ!